印刷物を頼む上で知っておくべき最低限の知識

紙の特性を活かして、印刷物を作ることは重要です。

 

紙によって印刷物の表現は大きく変わります。

 

どのようなイメージを望んでいるのかによって、紙を選択することで、イメージに近いものにできます。

 

レーザープリンタやインクジェットプリンタは別として、一般的なオフセット印刷の場合、紙とインクの浸透具合によってイメージが異なります。

 

主に使われている3つの紙の種類についての特質を書いておきます。

 

○上質紙

上質紙とは、コピー用紙として使われているものに近いです。もっとも一般的な紙です。印刷をするとインクが紙に浸透するので落ち着いたイメージになります。

 

○コート紙

スーパーのチラシに使われているものがコート紙です。インクが紙に浸透しにくく鮮やかに表現できます。写真の入っている印刷物や明るいイメージを出したい時に使います。

 

○マット紙

特質的には、上質紙とコート紙の間です。上質紙ほど落ち着いたイメージにならずある程度の鮮やかさを保てます。高級感を出したい時に使われます。

 

ネット印刷に頼む場合も、紙の特性が分からなければ自分にあったイメージのものができません。

納品されたものを見て、自分のイメージと違うとトラブルの原因になることもあります。

 

最低限の紙の知識は、印刷物を作成する上では必要です。

知識があれば、ネットで注文も良いですが、分からない場合はプロの印刷屋さんに聞くのが一番だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です