名刺を切らせてしまった時の効果的な対処法

「名刺を切らせてしまいました。すみません。」

交流会でこんな方いませんでしたか?

 

様々な交流会に参加していますが、必ず一人はいるような気がします。

たくさんの方と名刺交換ができる絶好の機会なのに、それを逃してしまうなんてもったいないですよね。

 

ですが、この失敗をチャンスに変えることもできるのです。

 

 

先日交流会に参加して、同じように名刺を切らせた方がいました。

私が、名刺を差し出すと、

「あいにく名刺を切らせてしまいまして、申し訳ありません。」

と平謝りでした。

ほとんどの方は、これで終わりですよね。

 

でも、この方は違いました。

「私の名刺は、すぐに郵送で送らせていただきます。」

名刺をもらうだけで、渡さないのはビジネス上ではマナー違反です。そう考えれば、当たり前のことです。

ですが、大概の方は郵送すると言っても送ってきません。

 

でも、この方は後日ちゃんと送ってきました。

丁寧なお手紙まで入っていました。

その方と実際にビジネスで繋がったわけではありませんが、

とても好感がもてました。

 

名刺を切らせたというピンチをチャンスに変えた例です。

名刺を切らせないように準備することが大前提ですが、万が一忘れたりした場合でも、必ず名刺を渡すようにしてください。

 

それが、ビジネスチャンスにつながります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です