名刺は、広告宣伝ツールと思って作成しよう!

折り込みチラシの反応率は何%かわかりますか?

わずか0.01%〜0.3%と言われています。

10,000枚折り込みしても、

反応があるのが、30件ほどです。

反応なので、その中からお客様になってくれるのは

もっと少ないということです。

 

10,000枚のチラシを印刷して折込をすると、

費用は少なくとも15万から20万はします。

20万払って何人がお客様になってくれるのでしょうか。

 

それほど折込チラシというのは、難しい広告媒体です。

 

それに比べて、名刺は必ず反応はあります。

目の前に相手がいるのですから。

それをどのようにしてお客様にするかはあなた次第です。

 

名刺交換の場合は、あなたの顔と名前と情報は相手に伝わります。少なくともあなたが信用できそうな人であることはわかるはずです。

 

10,000枚のチラシを巻くのと、名刺交換を重ねて顧客を掴むのとどちらが効果的でしょうか。

業種、業界によって違うとは思いますが、目の前にいる見込み客のために、名刺交換を充実させた方が効果的であるのではと私は思っています。

その名刺をチラシと同じように広告宣伝媒体だと思ってください。

自分を宣伝アピールするツールです。

そう考えれば、自己紹介だけのツールとしての名刺ではなくなるはずです。

 

入れる内容も変わってくるはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です