名刺交換での紙の感触で第一印象が決まる!

一年ぐらい前になりますが、ある交流会で名刺交換した方の名刺がとても印象に残っています。

 

いい意味ではありませんが・・・

 

売り上げアップのコンサルタントという肩書きのその方と

名刺交換して名刺を頂いたとき、とても違和感を感じたのです。

 

渡された名刺は、薄い再生紙の紙でした。

昔でいうところの「わら半紙」です。

こんな紙の名刺を見たことがなかったので、

びっくりしたのと、その方の仕事ぶりをリンクさせていました。

コンサルタントという肩書きでこの紙の名刺では・・・

私は、この方のコンサルを受けたいとは思いませんでした。

 

 

名刺は、初対面の方に渡すものです。

そして、紙は手に触れるもので感覚を刺激します。

薄い紙だとやはり薄っぺらく感じてしまうし、

厚い高級感ある紙だとしっかりした方だという印象を持ちます。

 

 

それだけ、手に触れるものの感覚は重要なのです。

第一印象を左右するものの一つになるかもしれません。

 

 

名刺の紙にあまりこだわっていなかった方は、

「あなたが名刺交換の相手にどう思われたいか。」

を想像して紙選びをしてみると良いと思います。

 

名刺交換をするときも紙の感触と渡された相手を見てみると

勉強になりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です