見込み客に響く「小冊子」の具体的な内容とは。

「小冊子」はどのようなものを作成すれば良いか。これも悩みますね。

 

「小冊子」は、無料で渡すものですが、「無料」だからといって、手を抜いてはいけません。「無料」で価値のある情報を提供するからこそ、意味があるのです。

 

ポイントは、小冊子の内容が、見込み客が欲しいと思う情報かどうかということです。

でも、難しいことを考えることはありません。あなたの専門知識は、見込み客にとってメリットのある情報ですから。

 

「これは取引してもらわないと教えることはできない」と思うような情報も載せてください。そのような情報ほど、見込み客は読んでよかったと思ってくれます。

 

具体的な内容の例

・レポート 業界の動向や今後の展開、業界の知識など。

・Q&A お客様から多くいただく質問や疑問に答える形式で見込み客の疑問に答える

・オススメの活用法 一般の方には気づかないオススメの活用法を紹介

 

他にも様々な型があります。どのようなものが見込み客が欲しいを思うかは、それぞれの業界や環境で変わってくると思います。

 

普段のお客様からどんな質問を受けるか。また、あなたがわかりづらいと思う情報は何かを考えることがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です