印刷を頼むときに知っておきたい、紙の種類

紙というとあなたがすぐに思い浮かべるのは、コピー用紙だと思います。

 

もしかすると、あなたがご自身で印刷するとなると、

コピー用紙のような紙を使うこと以外思いつかないかもしれませんね。

 

ですが、印刷会社で扱う紙は、意外にも多種にわたります。

その特徴を理解し、ご自分の使用目的にあった紙を使うとよいでしょう。

 

 

○上質紙

 

コピー用紙と同じ材質。薄紙から厚紙(ハガキの厚さ)まであります。

印刷するとインクが紙に沈むので、落ち着いた雰囲気になります。

あらゆる印刷物に使われますが、特に文字ものや、

書類、説明書や契約書など格式ばったもの使われる場合が多いです。

インクの乾きが悪いので、印刷してすぐに裁断することができません、その分納期がかかる場合があります。

 

 

○コート紙

 

チラシに使われているツルツルした紙のことです。

厚さは、上質紙と同様、薄紙から厚紙まであります。

印刷すると、インクが沈まずハッキリとあざやかに出るのが特徴です。

チラシや写真を扱うもの、POPなどに適しています。

上質紙よりもインクが乾きやすいので、その分納期は短縮できます。

 

 

○色上質紙

 

もしかすると、色紙といった方がわかりやすいかもしれませんね。

材質は、上質紙と同様です。上質紙に色をつけたものが色上質紙です。

 

厚さも、薄紙から厚紙まであります。色の種類は約30種あります。

こちらもインクは紙に沈むので落ち着いた雰囲気になります。

紙に色がついているため、他の紙との違いを活かせるのが特徴です。

しかし、特定の色を出すとなるとインクの色と紙の色が混じってイメージした色合いを出すのが難しいです。

濃いめの色だと紙の色に邪魔されない分、比較的色合いを出しやすいです。

 

折込チラシは、コート紙ばかりなので、たまに色紙のチラシが入っていると目立つことがあります。

他のチラシより目立つことで、ターゲットとなるお客様に見てもらえる確立が上がります。

利用してみるのもよいでしょう。

 

 

○複写紙

 

こちらは、もしかするとあまりなじみがないかもしれませんね。

2枚あるいは3枚一組にかさなっていて、ボールペン等で書くと下の2枚目、3枚目に文字が写るというものです。

役所などの書類で見た事があるかもしれませんね。

企業では、納品書や受注書などを手書きにしているところもあり、複写紙が使われています。

この紙は、今のところコピーでは印刷できず、印刷屋さんに頼んで作成することが多いです。

 

 

その他、紙の種類は様々あります。その中でも、よく使われるのがこの4種です。

そのため、紙問屋さんも在庫を置いていることが多く、すぐに納入され、価格も安くすみます。

 

 

どの用途で、あるいは納期やどういった内容のものを印刷するかで、

紙を選ばなければなりません。

 

 

チラシの厚さを変えることでチラシスタンドに立てた時や手配りでお客様が受け取った時に、

紙が折れ曲がらず一目でチラシ全面を見ることができるようになった結果、問い合わせが増えたという事例もあります。

 

 

自分のイメージも大切ですが、印刷屋さんなどプロに相談することで、

より適した紙で印刷できるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です