通信障害にあっても仕事への影響を抑えるには

先日の某携帯会社の通信障害は、多くの影響を及ぼしましたね。

私は、携帯キャリアが違かったので影響はありませんでしたが、長時間携帯が繋がらないことを想像したら、ゾッとしてしまいます。

今の生活では、仕事においてもプライベートにおいても携帯は欠かせないものとなった証拠だと思います。

また、デジタルに頼りすぎる危うさも露呈しましたね。

パソコンを使わずほぼスマートフォンで仕事をする人も多くなりましたが、そんな方は全く仕事にならなかったのではないでしょうか。

やはり、デジタルだけではトラブルが起きた時に対応できない場合が多いです。

そんなトラブル回避のために、アナログの部分も必要なのではないかと思います。

 

例えば、

プレゼンテーションの場で、パソコンの不具合でどうしてもプロジェクターでの説明ができなくなってしまった場合、あなたならどうしますか?

こんな時は、必ずプリントアウトした資料を一部は用意しておくことが必要です。その一部をコピーしてトラブルを回避することができます。

デジタルのリスク回避のためにアナログを活用することを考えてみてください。

そう考えると印刷物も価値のあるものだと思えませんか!

リスクを最小限に抑えるために、デジタル広告のみに頼るのではなく、印刷物も持っておくと便利です。

通信障害にあっても仕事への影響を抑えるには」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です